auの日記

プログラミング初心者の日記。(auはハンドルネームです)

初めてWeb講義を受けてみた感想

auです。

本日、初めてWeb講義を受けました。

短いですが、感想を書いていこうと思います。

ギリギリまで寝れるのが嬉しい

おそらく多くの学生が思っていることだと思います。パソコンをつけてサイトにアクセスして待つだけでいいので、ギリギリまで布団の中にいました。
もしかしたら布団の中で講義を受けている生徒もいるかもしれません。

回線が一時的に悪くなると聞き逃す

一方向のストリーミング型の講義で、アーカイブも残らないような形の講義でした。

ですので、一時的に回線が悪くなるとその部分が丸々飛んでしまいました。悲しかったです。

ラグがあるせいで教授がやりにくそうだった

オンライン型の1番の欠点かもしれませんが、30秒ほどのラグがあるとのことで、教授が質問をすると聞こえているか確認を毎回していました。

大きなモニターを使うことができる

大学へいくと、持ち運ぶ関係でノートパソコンで受けることになります。
しかし、家でなら大きなモニターにつないで受けることができました。メモが取りやすい。

複数モニターで受ける猛者もいるとかいないとか

一人で受けているのが少し寂しい

大学では、講義中に考える時間は隣の友人と会話をしながらやっていました。お互いに分からないところを補ったり、眠そうな友人を起こすのが楽しかったので何だか寂しかったです。

この会話のおかげで理解が深まっている部分が大きかったんだなと、気づくこともできました。

まとめ

まとめると、オンライン授業は移動がページ遷移だけなのですごい楽でした。

しかし、一人で受けなければならないという特性上、デメリットと感じる部分もあるということがわかりました。