auの日記

プログラミング初心者の日記。(auはハンドルネームです)

UE4でリスタートするとキャラクターが動かなくなる

auです。

UE4で、ポーズ画面→タイトル画面へ→スタートという流れで、リスタートをするフローを作りました。

しかし、どのキーもマウスの移動も反応しません・・・

多分初心者あるあるなんだろうなぁと思いつつ、まだ解決していません。

今の現状

ポーズ画面に移動するとマウスを使った操作になる。マウスでQuitボタンを押すとタイトル画面に戻り、「Startボタン」をクリックするとゲームが始まる。しかし、その間一切キーボード入力を受け付けていないことから、コントローラー側の問題ではないかと推測できた。

Pause_Display(Widget側のBP)
f:id:program-shoshinsya:20190219193245p:plain

レベルブループリント
f:id:program-shoshinsya:20190219193659p:plain

作成する際に参考にしたサイト
api.unrealengine.com

思いついた解決しそうな案

  • マウスしか操作できない問題を解決する
  • リスポーン扱いにしてコントローラーを付け直す

この2つが思いつきました。実装できそうだなぁと思うのは上のマウス問題な気がしました。

キャラクター自体をデストロイしている訳ではないし、コントローラー側の問題かな??と書き終える時には思いましたが、「Set Input Mode UI Only」とかいう奴の仕業な気もしてるしもう少し調べてみる必要がありそうです。

自分が参考にした本

1年間Google Analyticsを使ってわかったこと

auです。

ブログを書き続けて1年ということは、Google Analyticsを使って1年経ったということです。

Analyticsのグラフの推移などをみてわかったことを書いていこうと思います。

規約で画像は載せられないので詳細は見せられませんが、何かを感じ取ってください。

1年間で分かったこと

分かったことは3つあります。

  1. 祝土日はアクセス数が極端に落ちる
  2. 記事を書いてから伸びるのはだいたい3ヶ月経ってから
  3. 記事がバズったとしてもそのあと急激に伸び続ける訳でもない

ということが分かりました。

祝土日はアクセス数が極端に落ちる

これは、プログラム系の記事のため、学生や仕事をしている人がみているからじゃないかな〜と思います。そのため、休みは記事を見る必要性も低くなるので、極端に下がってしまうのではないかと思いました。

記事を書いてから伸びるのはだいたい3ヶ月経ってから

よく聞くやつでもあるし、運動でも成果が出るのは3ヶ月後になると教えられていたので、それと同じような感じじゃないのかな?と思います。

すぐに反応が得られないのが悔しいですが、積み重ねが大事なので楽しみに待つことにしています。

記事がバズったとしてもそのあと急激に伸び続ける訳でもない

こちらの記事が今までの中で一番伸びてくれた記事でした。

program-shoshinsya.hatenablog.com

お〜〜!これだけ伸びてくれればこの後も尾を引いてすごい伸びてくれるのでは!?と思ったのですが、数日で元通りになってしまい、一過性のものだったんだなと思いました。

少しでもキープするためにできることとかあるのかな〜と考えましたが、こういう伸びる記事をコンスタントに投稿していくしかないのかなと思います。



来年はどういったことになるのかなと楽しみに毎日書いていこうと思います。

2年継続を目指してがんばる

auです。

タイトルの通りですが、今度は2年継続を目指してがんばろうとおもいます。

1年間、私のブログどうだったでしょうか。
初めてのことばかりで拙い部分も多々あったと思います。
ここまで続けてこられたのもブログを読んでくださった方々のおかげです。ありがとうございます。

短いですが、休息も兼ねて今日はここまでにしようと思います。

これからもよろしくお願いします。

大学生が勉強系ブログを1年間書き続けて感じたこと

auです。

ブログを書き続けて1年が経ちます。

やり始めたきっかけは、インターン先で最初に言われた業務だったというのが正直一番大きいです。

それでは、実感したこと、やり続けられた理由とかを書いていきたいと思います。

1年間やり続けて実感したことは明らかにやり始める前よりも成績がぐっと上がったことです。

プログラム系のテストを受けているのですが、ブログをやり始める前までは平均くらいかなーって感じだったのが、現在では平均の20点くらい多く取ることができています。具体的な数字で見ることのできる成長だったと思います。

他には、何かを継続することで得られるものが勉強にもちゃんとあるということを知りました。もともとスポーツはしていたので、積み重ねの大切さは分かっているつもりでしたが、勉強では全くと言っていいほど積み重ねができていませんでした。しかし、このブログに投稿しつつ勉強をすることで、実際に見てくれるユーザーもいるし、インターン先でも「ここの言い回しはこっちのほうが伝わりやすい」といった、具体的なアドバイスもいただけるといったこともあり、勉強もブログとして継続しているといいことがあるということを知りました。

なぜやり続けられたかは、Google Analyticsで見るのが楽しかったからだと思います。具体的な数値で変動して、月ごとにそれなりにユーザ数やPVが増えていくのはみてて楽しかったです。

ブログを続けていくことでいいことがたくさんあり、悪いことはほとんどないと思いました。自身がつくことが一番嬉しいことだと感じています。

これからも続けていこうと思うのでよろしくお願いします。

モチベーションは大事

auです。

 

最近割とモチベーションが高めです。

 

近日中に何か楽しいことがあったり、いいことがあるととめもモチベーションが上がるなぁと感じます。

 

やりたいことがやれる環境があり、やる気があるのもモチベーションに繋がってる気がします。

 

同じインターン先の人と会話をしたりするのも楽しいです。違うことをしてるけど、

 

スノボをしに来てとてもねむいので内容がないですけど終わりにします。おやすみなさい。

botとは

auです。

 

botを使ったサービス〜とかよく聞きますが、自動的に何かしてくれるものくらいの認識しかなかったので、これで合っているのかどうか調べてみました。

 

botとは

 

botとは、robot(ロボット)の短縮形です。まずこれを知らなかったよね。

 

コンピュータで行う作業を自動化するプログラムの総称のことを指します。これは合っていました。

 

ゲームでもbotという用語は使われます。人間が操作しているように見せかけるようにプログラムされていて、FPSのゲームなどで「bot打ち(ようはNPC)」という用語があるくらいです。

 

クローラという、ウェブ上の画像や文書を周期的に取得して、データベースに格納するというbotもあります。

 

 

レンダリングとは

auです。

カタカナの意味が恐ろしいほど頭に残りにくくて、レンダリングという意味を見るたびに調べてしまっているので調べてみます。

レンダリングとは

レンダリングは、コンピュータ以外にもデザインや音楽、劇でも使われる用語です。

コンピュータでのレンダリングは、3Dのデザインや画像を画面に映し出す際の計算の時間のことを言います。

3Dのデザインに限らず、画像やエフェクトを構成する際には、CPUなどを使って出力に関する色や光の当たり方情報を元に一つ一つ計算しています。この計算時間は、パソコンに搭載しているスペックなどが大きく影響するため、パソコンによってレンダリングの時間が大きく異なります。

また、ブラウザーを読み込んでページを表示することもレンダリングと言います。