auの日記

プログラミング初心者の日記。(auはハンドルネームです)

必殺技みたいな名前のリエントラントについて調べてみた

auです。

基本情報技術者検定の用語問題で、リエントラントというものを見かけました。聞いたことがなかったので調べてみることにします。

にしても、これ何となく必殺技みたいな感じしませんか?七つの大罪ゴウセル的なあれ

リエントラントとは

リエントラントとは、日本語で再入可能という意味があります。

一つのプロセスで既に実行中のプログラムが、別のプロセスから呼び出されたとしても互いに干渉することなく、並行して同じプログラムが実行できる性質を指します。

プラグラミングにおいて、ローカル変数などだけを用いる場合には、他のプログラムで呼び出されても特に問題はないため、リエントラントと言えます。

しかし、グローバル変数やスタティック変数は、一度書き換えてしまったら元に戻すことができないため、リエントラントとは言えません。

情報系大学3年が基本情報技術者取得を目指す

auです。

来月の20日基本情報技術者試験があります。忘れていたわけではないですけど気づいたら1ヶ月前でした。

やっと問題集を買って1時間ほどやってみた感想を述べたいと思います。

ちなみに現在の状況がこちら

  • 基本的な知識は大学の講義で学んでいる
  • ビットの計算などの公式も学んでいるため公式を思い出せればなんとかなりそうと感じたが計算問題はとても苦手

といった感じで、用語の選択問題は問題ないのですが、伝送速度の問題などは公式を見ないと解けない状態でした。

今年度の秋から線形代数などの問題も出てくるようなので、計算問題をしっかり対策できればもしかしたら・・・と思っています。

苦手分野をちょっと苦手かなあ分野にするためにやっていこうと思います。

Scalar Computerとは何なのか調べてみた

auです。

Scalar Computerと呼ばれるスーパーコンピュータがあるのはご存知でしょうか。

僕は奨学金の時に記入したスカラシップ何とか・・・くらいしか思いつきません・・・。

てことで少しでも知るために調べてみました。

Scalar Computerとは

Scalar Computer(スカラコンピュータ)とは、スカラ型スーパーコンピュータと呼ばれており、スーパーコンピュータの内、汎用のCPUから構成されているものを指します。

そもそもスーパーコンピュータって何って人向けに説明すると、めちゃめちゃ計算が早いコンピュータです。

その中でも今回紹介しているスーパーコンピュータの種類が、スカラ型スーパーコンピュータということになります。

となると、別の種類のスーパーコンピュータがありそうですね。もちろんあります!

その名も、ベクトル型スーパーコンピュータです。これは、汎用CPUではなく、ベクトル型プロセッサと呼ばれるCPUを搭載することで、ベクトル型スーパーコンピュータになります。

前までのスーパーコンピュータでは、このベクトル型プロセッサを搭載していたようですが、コストなどの面からスカラ型プロセッサを並列・分散して搭載することで、ベクトル型プロセッサと同じような処理能力になっているようです。

ちなみに、富士通の京はスカラ型プロセッサを搭載していたそうですよ。

大学3年秋学期の目標

auです。

夏休みが終わり、遂に学校が始まります。そこで、自分なりに目標を立てることにしました。

1. 発展課題を全て提出する(とりあえずガチで考えてみる)

2. 大学にいる時間を少しでも増やす

3. プログラミングをする機会を今以上に増やす

4. 就活の情報を積極的に得る

この4点を主にやっていこうと思います。

4に関してはどうしても後回しになっている傾向があるので、今度は積極的にやっていこうと思います。

資格の勉強も少しずつですが始めているので、受かれるように頑張ろうと思います。

ネットワークで用いられるHELLOメッセージとは

auです。

ネットワークで通信する際に「HELLOメッセージ」というものがしばしば用いられます。

隣り合うノードで挨拶するだけなのか気になったので調べてみました。

HELLOメッセージとは

HELLOメッセージは、サーバとクライアントが初めて通信する際に交換するパケットのことです。HELLOパケットとも言います。

また、ルータ同士で通信する際にもHELLOパケットは用いられ、一定時間ごとにこのパケットは送受信し合い、お互いが正常に動作するしていることを約束します。このHELLOパケットの通信がなくなったら、何かしらの障害が発生したことになり、ルーティングテーブルが更新されたり、エラーとして処理されるようになります。

組み込み開発のARMって何?

auです。

ARMという用語を聞いたことはありますか?僕はあるようで意味はわからないです。てことで調べました。

ARMとは

ARMとは、アームと読み、身の回りのデジタル機器に使われています。

組み込みシステムの制御に使われるCPUアーキテクチャの一つで、低電力アプリケーション向けに広く用いられています。つまり、組み込みシステムに特化したARM CPUということです。

そもそも組み込みとは、ある機能のみを持った、低電力・低コストという特徴があります。必要最低限の機能のみなので、メモリの消費も少なく、ほぼ全ての機器に搭載されているものです。

インダクタってどんなの?

auです。

電子機器に使われる部品として、インダクタというものがあるらしく、なんだそれと思ったので調べてみました。

インダクタとは

インダクタとは、インダクション・コイルとも呼ばれ、一般的に「コイル」と呼ばれています。そう、こいつです。

f:id:program-shoshinsya:20190916230835p:plain
(Wikipediaより引用)

インダクタは、変動する電流に対して逆方向に起電力を与えることで磁場にエネルギーを蓄えることができます。

インダクタとコンデンサなどを組み合わせ、必要な信号と不必要な信号に分けることができ流、フィルタ回路を構成することができます。

コイルの巻き方には色々とあり、ハニカム巻きやスパイダー巻きというのもあるそうです。

他にも用語として、ソレノイド状や、リッツ線、コアコイルなどあるそうですが、多すぎるのでこれくらいにしておきます。

このままだと沼にハマりそう・・・