auの日記

プログラミング初心者の日記。(auはハンドルネームです)

OCamlをMacで使えるようにした(方向キーで操作できるよ!)

auです。

OCamlというプログラミング言語を使ってみました!C言語ともPythonとも違う、不思議なコードの書き方のような気がしました。

とりあえずOCamlについて調べてみました。

OCamlとは

OCamlとは、int型やchar型といった明示的な型変換は行われるず、コンパイルのような、実行前にエラーチェックの入ることや、オブジェクト指向プログラミングのサポートといった特徴を持つ、関数型言語MLの1つです。

関数型言語は不向きと少し前まで言われていたそうですが、最近では生産性が高いことがわかり、密かに注目を集めているそうです。

OCamlMacにインストールする

OCamlは、する際は以下のコマンドを順番に実行することでインストールすることができました。brewを入れていない人は入れてから実行すること。

brew install opam
brew install ocaml
brew install hg
brew install darcs
opam init

OCamlMacで使いやすくする

このままでもターミナルで「ocaml」と入力することで使用することができますが、方向キーが使えないため、ものすごくやりにくいです。

そこで、矢印キーが使えるように設定します。

brew install rlwrap

これをインストールした後

rlwrap ocaml

OCamlを立ち上げることで、矢印キーを使用できる環境で実行することができます。

毎度毎度入力するのは面倒なので、aliasに設定します。

aliasについてはこちらで触りをまとめているので見てみてください
program-shoshinsya.hatenablog.com

.bashrcというファイルに直接記入するのもいいのですが、コマンドだけでやったりましょう。

echo 'alias ocaml="rlwrap ocaml"' >> ~/.bashrc 
source .bashrc

ターミナルを立ち上げ直すか、sourceコマンドを入力して反映させます。

aliasと入力して実行します。

alias

alias ocaml='rlwrap ocaml'

以上のように出ればaliasの設定は完了です。「ocaml」と入力するだけで、方向キーが使用できる状態で起動します。

VSコードでOCamlを使用できるようにする

自分は基本VSコードで使っているので使えるようにします。

といっても、特殊なことは必要なく、「OCaml」のパッケージを導入するだけで実行することができるようになります。

f:id:program-shoshinsya:20190409220907p:plain

ファイル名.mlを作成することで記述できるようになります。




まだまだ導入ほやほやですが、授業でも使っていくので楽しく学んでいこうと思います。